観光紹介 / 弘前市

 岩木山

 青森県の最高峰 『岩木山』
 標高1,625m「津軽冨士」とも呼ばれ、津軽平野のどこからでも見ることができ、山頂からは陸奥湾・日本海が一望できます。
 春から秋にかけては登山客でにぎわい、冬はスキー場としてたくさんの観光客が訪れます。
 また、五穀豊穣・家内安全を岩木山に祈願する集団登拝「お山参詣」は国の重要無形民俗文化財に指定されています。

岩木山観光協会
嶽温泉旅館組合
嶽温泉 山のホテル
岩木山観光りんご園

 弘前公園・弘前城

 弘前市のシンボルである 『弘前城』
 江戸時代に建造された天守閣・櫓・五つの城門などが現存しており、重要文化財に指定されています。
 春には約50品種、2,600本余りの桜が豪華絢爛に咲き誇り、その景色はまさに壮観です。
 日本三大桜名所として全国から多くの観光客が訪れます。

弘前市みどりの協会
弘前観光コンベンション協会

 弘前ねぷたまつり

 津軽の夏の夜を彩る 『弘前ねぷたまつり』
 弘前四大まつりのひとつで、三国志や水滸伝など勇壮で色鮮やかな武者絵が描かれたねぷた大小約70台を、大勢の市民が「ヤーヤドー」の掛け声とともに市内を練り歩き、情緒ある笛や力強い太鼓の音が響き渡ります。
 また、国の重要無形民俗文化財に指定されています。

☆祭り期間 8月1日~7日                 

津軽藩ねぷた村

 洋風建築

 弘前には明治・大正期の 『洋風建築』 が市内各所に数多く残っています。
 早くから外国人教師を招いたことでキリスト教も伝わり、洋風の文化も流入したため、いち早く西洋文化を取り入れることができました。
 代表的なものとして、青森銀行記念館・日本基督教団弘前教会・弘前学院外人宣教師館などがあります。

 その他