観光紹介 / 黒石市

 黒石温泉郷

 黒石市の奥座敷に位置する温泉の総称で、浅瀬石川沿いに「長寿温泉」「温湯温泉」「落合温泉」「板留温泉」の4つの温泉地が存在し、山間部に離れた場所に「青荷温泉」があります。
 更に奥まった隣町平川市の「温川温泉」までを温泉郷に含める場合もあります。
 どれも個性ある名湯ばかりです。

津軽黒石四季彩たより

 黒石よされ

 「日本三大流し踊り」のひとつとして有名な、黒石市最大のお祭り 『黒石よされ』
 約3,000人もの踊り手による流し踊りもさることながら、時折円を描く周り踊りは観客を巻き込んでの乱舞となります。
 その艶やかな舞いが真夏の宵を染め上げ、観る人を圧巻します。
 また、この祭りは自由に飛び入り参加もできますので、観るだけではなく踊りに参加した方が、よりいっそう楽しむことができます。

☆祭り期間 8月14日~20日

黒石観光協会

 中町こみせ通り

 伝統的建造物が残る 『中町こみせ通り』 は「日本の道百選」にも選ばれ、黒石藩政時代からほぼそのままの形で残されているのは、全国的にも類例がないといわれています。
 国指定重要文化財の「高橋家住宅」や造り酒屋・蔵などが並んでます。

津軽こみせ株式会社

 津軽伝承工芸館・津軽こけし館

  • 津軽こけし館 津軽こけし館 津軽こけし館
  • 津軽伝承工芸館 津軽伝承工芸館 津軽伝承工芸館

 『津軽伝承工芸館』 は津軽の伝統的な文化を全国に発信する広域拠点施設です。
 職人による実演もあり、歴史・文化・匠が織りなす津軽の伝統工芸を身近に感じることができます。

 『津軽こけし館』 では、全国から集められた表情豊かな約4,000本のこけしのほか、様々な木地玩具が展示されています。

津軽伝承工芸館・津軽こけし館

 中野もみじ山

 紅葉の景勝地 『中野もみじ山』
 山が燃えるような鮮やかな世界を見せてくれます。
 林の中には津軽三不動と呼ばれる「中野神社」と不動館城跡があり、樹齢約200年のモミジとモミの木、約500年~700年の大杉が生育していて、市の天然記念物に指定されています。

 その他