観光紹介 / 白神山地

 白神山地

 世界遺産として有名になった 『白神山地』
 青森県南西部から秋田県北西部にまたがる世界最大級のブナの森。
 その中心部は人の手が加えられていない原生的な状態のままです。
 約500種の植物などが良好な状態で残っており、ニホンカモシカやニホンザルなどの哺乳類をはじめ、イヌワシやクマゲラなど絶滅が危惧されている生態系が現存しております。

白神山地ビジターセンター

 暗門滝・マザーツリー

  • 暗門滝 暗門滝 暗門滝 マザーツリー マザーツリー マザーツリー

 白神山地の中で、一番入山者が多い 『暗門滝』
 高さ42m(第一の滝)37m(第二の滝)26m(第三の滝)の三つの滝から構成されています。

 白神山地の象徴 『マザーツリー』
 原生林の水を保つ樹齢数百年のブナの巨木で、推定樹齢が400年を超えるといわれています。

白神公社

 十二湖・日本キャニオン

  • 十二湖 十二湖 十二湖 日本キャニオン 日本キャニオン 日本キャニオン

 『十二湖』 は白神山地の西側に位置し、津軽国定公園内にある複数の湖の総称で、白神山地の中でも最も手軽に楽しめるエリアです。
 どの湖もすばらしいが、中でもコバルトブルーの色をした神秘の池 「青池」 は十二湖を代表する名所です。

 グランドキャニオンを連想させる大断崖 『日本キャニオン』
 浸食崩壊によってむき出しになった凝灰岩の白い岩肌がダイナミックです。

アオーネ白神十二湖

 ミニ白神・くろくまの滝

  • くろくまの滝 くろくまの滝 くろくまの滝

 『ミニ白神』 は白神山地の世界遺産登録地域から、20キロほど手前にあり、樹齢200年を超えるブナが多く見られます。

 高さ85m・幅15mと県内屈指の規模を誇り、「日本の滝100選」にも選ばれている 『くろくまの滝』
 名前の由来は滝の姿が巨大な熊が立っているように見える事からくるともされる。

鰺ヶ沢観光協会