観光紹介 / つがる市

 馬市まつり

 『馬市まつり』 では、巨大な馬ねぷたを曳いて市内を練り歩き、華麗な流し踊りや仮装行列が観客を魅了します。
 「馬ねぷたパレード」や「馬力大会」など様々なイベントが行われ、祭りの最終日には「新田火まつり」として、馬ねぷたに火が放たれ、花火とともに夏の夜空を彩ります。

つがる市商工会

 亀ヶ岡石器時代遺跡

 遮光器土偶で有名な縄文時代晩期の集落遺跡で、国の史跡に指定されています。
 出土数もかなりの数に上り、芸術性の高い出土品が多く、なかでも遮光器土偶(東京国立博物館保管)は重要文化財の指定を受けています。

つがるブランド推進会議

 ベンセ湿原

 津軽国定公園を代表する湿原のひとつで、6月中旬には「ニッコウキスゲ」が咲き乱れ湿原一帯が黄色に染まり、7月上旬を迎えると「ノハナショウブ」の大群が紫色に彩を変えます。
 他にも様々な草花が咲き、その光景の美しさは「日本自然100選」に指定されています。

 JR木造駅舎

 愛称「しゃこちゃん」として、地域の方に親しまれている高さ17メートルの巨体、巨大遮光器土偶が出迎えてくれるユニークな駅舎。
 列車の発着に合わせて目の部分が点滅する仕掛けになっていますが、子供が怖がるということで最近は自粛しています。
 しかし、リクエストがあれば点滅可能だそうです。

 高山稲荷神社

 朱塗りの無数の鳥居が美しい 『高山稲荷神社』
 五穀豊穣・海上安全・商売繁盛などの神様といわれ、全国稲荷神社の総本山 伏見稲荷神社と同じ稲荷大神が祭られてることでも有名です。
 恒例の「春季大祭」には毎年全国からも多くの参拝客が訪れます。

 その他